スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西立川駅

 
 先日、友人に誘われてコスモスが盛りの昭和記念公園へ。そこで、最寄り駅となるJR青梅線西立川駅のご紹介です。

 国営昭和記念公園は元の米軍立川基地で、1977年に全面返還されてから30年以上経った今に至っても未だ工事が継続されている不可思議な公園。まぁ、多摩民にとっては大人数でレクリエーションとなると真っ先に名前の挙がるおなじみの所なのですが、他地域の方にはかなり知名度が低いようです。

 そんな昭和記念公園は、立川駅からも歩いては行くことが可能なのですが、15分かけて最寄の入口から入ってもそこは敷地のかなり端。だったら、素直に立川駅で跨線橋を使い乗り換えても西立川駅から行くことをオススメします。

 nishitachikawa_001.jpg 公園口。皆様のご想像通り、平日と土休日で利用者数がかなり違います。

 nishitachikawa_002.jpg 上記画像を後ろに向いて昭和記念公園の西立川口。土曜日なので賑わっています。

 nishitachikawa_003.jpg 改札外自由通路より。券売機もある自由通路部分は、古く薄暗いです。

 nishitachikawa_004.jpg 改札内より。駅舎部分だけ後から改築した模様ですね。

 nishitachikawa_005.jpg ホーム拝島方から。島式の1面2線ですが、広めの作りです。

 nishitachikawa_006.jpg 駅名標。

 帰りは、西立川駅と真逆の北側から出て西武拝島線の武蔵砂川駅を利用したのですが、既に夜の帳が降りてしまったので、画像は…○| ̄|_。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

西武旧101系 引退

 
 先日、西武鉄道のHPを見ているとこんなプレスリリースがありました。( こちら ※注・pdf)

 現在の住処に引越してきたとき、初めて乗った黄色い電車がこの旧101系でした。3ドア車に乗ること自体が初めてだったので運転席すぐ後ろの席があることやその横の運転席と仕切る窓がかなり大きいこと、更には車内全体が広々しているように感じて興味津々だったものでした。改めて考えてみると、関東では20m車の3ドアはかなり少なく、座席の袖仕切りが今では珍しくなった肘掛を兼ねられる高さであったことから広く感じられたのでしょう。

 その旧101系が多摩湖線からも消え、ついには多摩川線での運用も終えて完全に引退とのことで、早速4日に葬式鉄してきました(笑)。

 seibu-old101_001.jpg     seibu-old101_002.jpg     seibu-new101_001.jpg

 この日は晴れ間が出たと思えばタイミング悪く雲が出てしまったりとベストコンディションとは言い切れませんでしたが、それなりに捉えられたので良しとしましょう。

 しかしながら、これまでの旧101系と入れ替わりで多摩川線に入った新101系改造車は、私の目から見てセンスが良いようには思えません。全体が白く塗られたのは良いのですが、前面に“春”だの“夏”だのと書いて側面に小学生の絵をラッピングするのはどうも…。
 まぁ、あくまでもパッと見の印象だけで申し上げた次第ですので、ご了承下さい。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

上石神井駅

 
 西武新宿線続いては、上石神井駅です。

 駅の新宿方には車両基地があり、当駅を始終着とする各停の区間列車も数多くあります。そんな拠点駅ではありますが、駅施設や出口周辺はかなり偏狭で整備を要望する声も多々挙がっていると思われるものの、一向に改善される気配がありません。

 kamishakujii_001.jpg スーパー西友と一体化している南口。駅前はタクシーが溢れかえり、その中に路線バスも頻繁に乗り入れてくるので、歩行者は非常に危険です。

 kamishakujii_002.jpg 本川越方にある踏切から。右手が上にある南口、左手が北口。

 kamishakujii_003.jpg 北口。こちらは、賑わいが若干控えめです。

 kamishakujii_004.jpg 北口から階段を昇り、南口側を見て。急行停車駅としては狭く古めかしい改札前です。

 kamishakujii_005.jpg 改札口。ホームの狭さそのままに、こちらもかなり狭隘です。

 kamishakujii_006.jpg 新宿方から2面3線の島式ホームを望む。中線は上りの退避、下りの折り返し共に使用されます。

 kamishakujii_007.jpg 上記画像をそのまま振り向いて車両基地を望む。昼間の出入庫は少ないです。

 kamishakujii_008.jpg 駅名標。画像奥には保線基地があります。

 新宿や高田馬場から急行に乗って上石神井まで来ると、個人的には23区を抜け出した感があります(実際は、もう一つ先の武蔵関まで練馬区です)。ラッシュ時における車内は、当駅で各停に乗り換える乗客はさして多いわけでもなく、混雑が田無・花小金井まで続きます。

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

上井草駅

 
 再び、西武新宿線の駅紹介に戻ります。急行停車駅・上石神井の一つ新宿寄りにある上井草駅です。

 駅周りが偏狭でホーム間に跨線橋を作れないため、方面別改札になっています。このスタイルは、平面移動オンリーなので意外と不都合がないかのように思われますが、朝ラッシュ時間帯に南口側から新宿方面に向かう通勤時にはストレス溜まること必至です。

 kamiigusa_001.jpg 南口。こちら側からは下り列車のみ乗降出来ます。

 kamiigusa_002.jpg 小駅でも名が知られている理由、ガンダム像。台座を含めても、頭部までは2m強です。

 kamiigusa_003.jpg 上画像から右に振ったところ。奥から券売機-窓口-改札-売店と並びます。

 kamiigusa_004.jpg ちなみに、売店が閉まるとこんなシャッターが出現します。

 kamiigusa_005.jpg こちらは北口。上り列車のみ乗降出来ます。

 kamiigusa_006.jpg 左手が南口、線路を挟んだ右手が北口駅舎です。

 kamiigusa_007.jpg ホームは対向式の2面2線。前述しましたが方面別改札のため、跨線橋も地下通路もありません。

 kamiigusa_008.jpg 駅名標。上屋も側壁もすべて木製です。

 kamiigusa_009.jpg 上井草がガンダムだらけな理由、アニメ制作プロダクションの「サンライズ」本社。駅から歩いてほんの2分程度です。ちなみに、行ったところで感慨以外何もありません。

 駅前にはガンダム像、発車時のメロディも「たちあがれガンダム」…とガンダムづくしの上井草。私個人としては、ケロロスタンプラリー時以外にもケロロ軍曹をもっとフィーチャーしてくれてもいいのに…、と思うのですが。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

王子にて

 
 前記事の続きとして、27日のことを。

 asukarugo_001.jpg 王子駅から飛鳥山上へ向かう飛鳥山モノレール「アスカルゴ」。飛鳥+エスカルゴ、…。

 飛鳥山から降りてきて、空腹を満たそうと入った王子駅の薄暗い立ち食い蕎麦屋で、扉を開けた眼前には女子高生2人がボリュームMAXでお喋りしながら蕎麦をつついていました。

 王子、恐るべし。これって、最近じゃポピュラーなものなんでしょうか…。


テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

はら

Author:はら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。